山域・ルート:錫杖岳 3ルンゼ&左方カンテ(2018317日〜18日)

メンバー:杉橋()、深美

日程:

316() 深美邸23:00〜道の駅上宝4:00

 317(駐車場7:00〜クリヤ谷(BC)9:40〜3ルンゼ取付11:30/16:00〜クリヤ谷(BC)17:00

 318() クリヤ谷(BC)6:20〜左方カンテ取付7:00/14:30〜クリヤ谷(BC)15:00〜駐車場17:00

 

 

数年前から錫杖岳を登ってみたいと思っていたが、まだまだ登攀力不足が否めなかったので足が遠のいていたが、

よきパートナーに恵まれ、練習を積み重ねていくうちにどこまで登れるか試したくなってきた。

初日に3ルンゼ、翌日に左方カンテとして撤収時間を13時と決めて計画をした。

撤収時間までに5Pまで登れれば、残りピッチを考慮しても1日で登攀できる可能性があると考えた。2日間とも天気は快晴で充実した登攀となった。

 

 

1日目(3/17)

道の駅上宝で仮眠をとり、中尾高原口駐車場に着いたときには2台の車が駐車していた。

昨日の天気で山は雪が降ったようで登山口にはうっすらと雪が積もっていたが、ここ数日間の天候でだいぶ雪がなくなっていたような感じだった。

夏道を歩いて渡渉ポイントに着いたが、やはり水量も多くどうやって渡るか悩んだ。

先行のパーティーは飛び石で渡っていったが、これから登攀もあるので「ドボン!」を怖がって素足で渡渉した。

後からきた単独者は飛び石を失敗していたらしい。クリヤ谷へ進むにつれて雪もだいぶ多くなり、やっと雪山らしくなってきた。

 

駐車 アプローチ@

 

少し雪稜を上がったところで、錫杖岳が姿を現した。

雲一つない快晴の中にそびえ立つ前衛壁を見たときこれから登攀する3ルンゼや左方カンテを見て更に高揚感が増した前衛壁@

 

クリヤ谷の岩屋には誰もおらず、テントの整地がしてあったので遠慮なく4テンを張った。

少し休憩をしてから登攀装備を身に着け、アタックザック1つに行動食を入れて3ルンゼの取付きへ向かった。

 

クリヤ谷 アプローチA

 

F1は雪で埋没しており、F2も雪稜だったのでフリーで抜け、終了点でロープを出してF3の登攀を開始した。

順番はじゃんけんで決め、勝った方が先行した。

F3(杉橋):ルンゼの右側の氷を登るルートだったが、氷はないので岩稜を登った。

時間が経つにつれて気温も上昇したことで落氷がかなりの頻度で発生した。

F4(深美):雪稜から氷化したチムニーのトンネルを通るが中は狭くトンネルは上部へ抜けていた。

セカンドはザックを背負っていたが問題なかった。

F5(杉橋):ようやく壁に氷が現れてきたので、左壁の氷を登った。

 

F4 F5

 

F6(深美)ここはルート通り左壁にリングボルトがあり人工登攀で登って上がり、あとは雪稜をコルまでひたすら歩いた。

 

F6@ F6A

 

雪稜

 

コルからは奥穂から槍ヶ岳までの稜線がよく見え、無事完登を互いに喜んだ。

P3側にはグラスホッパーも見えたが、次回に継続登攀することとして同ルートを懸垂下降で取付きまで戻った。

 

コル@ コルA

 

クリヤ谷の岩屋に戻り、夕食と酒を飲みながら今日の成果と明日のルートについて話した。

「13:00終了時点だと5Pまで登れればいいかなぁ」とアイゼン、アックス、アブミを使ってどこまで登れるか期待と不安を抱き夜が更けていった。

 

2日目(3/18)

予定通り7:00に左方カンテ取付きに着いた。1P目の二のガリーは、雪稜なのでフリーで登り途中のテラスの立ち木でセルフをとり登攀を開始した。

ここの順番は深美、杉橋とした。

2P目(深美):凹角の所々は氷と雪に埋もれており灌木やカムでランナーを取りながら、アックスを上手く使って登った。

3P目(杉橋):岩稜を少し登ったあとピナクルを乗越し、クラックにカムでランナーをとったら右へトラバースをした。ハーケンにアブミを掛けてガバを取って岩稜を上がった。

 

2P 3P

 

4P目(深美):階段上の岩稜を登り、チムニーへ。チムニーの中は薄い氷が張っていて背中とアイゼンとアックスを上手く使って身体を持ち上げていった。

クラックに残置のカムがあったのでランナーをとりテラスへ出るが、乗越しにひと苦労して立ち木でセルフをとった。

/6P目(杉橋):左側のフェイスを登るが残置ハーケンまでが遠いのでチムニーを使って身体をあげた。

その上にはリングボルトがあったので人工登攀でフェイスを処理した。右上にトラバースして氷壁と岩稜を登り終えると終了点があった。

 

4P 5P

 

終了点からみると7P目のルートがすぐ横に見えたので、結局6Pまできたようだ。

時間を確認すると12:15でセカンドが上がってくるのを待ってちょうど撤収時間となった。

予定通りのピッチを終了し、握手を交わした。

 

6P 7P

 

懸垂下降

 

懸垂下降は4回で取付きまで戻ってきたが、途中スタックする可能性があるところはロープ出しに注意した。

クリヤ谷の岩屋へ戻る途中に振り返ってみた前衛壁は黒々として冬の面影はもうなかった。

 

前衛壁A

 

感想:

ミックスアイスへの挑戦として挑んだ3ルンゼと左方カンテだったが、計画通りに登れることができた。

今回は2日間とも天候に恵まれたのと、時期が少し遅く雪や氷があまり無かったので比較的に登り易い条件だったが、

この登攀へ向けて実施したアイゼン、アックスワークの練習は少なからず効果はあったと思った。

次回は3ルンゼからグラスホッパーへの継続登攀と左方カンテの完登を目指し来シーズンに再度挑戦をしたい。

パートナーとして一緒に登攀してくれた深美さんに感謝します。

 

装備:

カムC#0.3-#2、トライカム#1,2、アブミ

 

文章/杉橋